読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神楽ひかるの雑読ファイル

雑食な読書をつらつらと・・・。音楽もこちらにつらつらと・・・。

森恒二さんホーリーランドと自殺島とデストロイで3回目の失敗の感想!

かぐりん(@kagurahikaru)です!

過去の読書はこちらブクログへ!

デストロイの最終巻である9巻の感想というよりも、
森恒二さんの作品に対する全般的な感想になるかな。

 

なにしろ、
全部おもしろいんですよ!
はずれがないかもしれない。
でも、
失敗してる感じが否めない。
どこが失敗ってクロージングな。
最終回が残念なの。

ホーリーランドも中途半端にしちゃった。
あのケンカで終わらせればよかったのに、
最終話まるまる要らない。
あるゆえに、
締めきれてないように終わってしまった。
数年後のセイなにしてるの?
数年後まだ街にいるの?
数年後も残念なやつのままか?
とかね。

自殺島も結局丸く収めた感じになってるけど、
収まったか?
むしろ、
本当の始まりはあの後の政府との交渉やらなんやらじゃないかな?
島作りがメインの話になって欲しかった。
セイたち以前の話しですか?
自殺島関連の連載があるようなんでまだなんともだけど、
あの後が肝心なんじゃないかな?

 

島を変えていく様をちゃんと描いて欲しかったかな?
でも、
自殺島だから、
自殺島じゃなくなったらその先は描かなくてもいいのかな?
なら、
そのあと登場人物がこうなったとか要らない。
無駄な想像を強いられてる感じがして嫌です。

今回のデストロイ!
これもこの9巻で終わりました!
が、
何が描きたかったのか。。。
弱いよね、創り込んでない感じがする!
宗教かスピリチュアルかどこに向かいたかったのかわからん。

 

きっと全部の作品に言えるんですが、
始めちゃったんですよ!
描きたいことがあって描いちゃう。
でも、
最終地点がちゃんと見えてる状態で描いてない!
もしくは、
描いてるうちに見えてくるだろう的な感じで描いてて、
もちろん最後が思い浮かばずに結局あやふやになる終わりかたをするしかない。

 

本人は良いところで終わらせてるつもりかもですが、
僕からするともう少し描け!
とか、
締めるんならその後を想像させるような終わりかた要らない!
とか、
もっと締め方を考えて欲しいなと本音がちらり。

デストロイ
人間の話で終わらせればまだよかったのかもですが、
結局、
神様になっちゃった感じですよね。

 

地球を卒業するとき!
スピリチュアルの世界では2013年のアセンションを境に、
言われてるというか、
もう、
1部の人は卒業してるとかしてないとか、
偏った方に行くとこの漫画の趣旨と違うからいいけど、
この漫画の趣旨ってのが「人間が人間の許容量を超えた力を持ったらどうなるの?」
神様になるの?
悪魔になるの?
人間のままなの?
と、
どれかになる物語なんですよね。

 

わかりやすく言うと、
宝くじが当たって億万長者に突然なる!
そうなると、
きっと、
生活が変わりますね!
いわゆる、
突然「力」を授かった感じです。

 

その力に振り回されて力に溺れるか?
上手く使うか?
今まで通りでいれるか?

 

そんな3択の答えを選ぶ結末じゃつまらん!
それこそ、
森恒二さんらしい答えを推しだして欲しかったかな。