神楽ひかるの雑読ファイル

雑食な読書をつらつらと・・・。音楽もこちらにつらつらと・・・。

読んで損はさせない!3度も読み返した期待のマンガ「約束のネバーランド」の1巻の感想です?!

うろんな占い師の かぐりん(@kagurahikaru)です!

過去の読書はこちらブクログへ!

 

作者さんの出水ぽすかさんと、
原作者さんの白井カイウさんのネーミングセンス。。。

 

話題のジャンプ注目作『約束のネバーランド』1巻が売り切れ続出!
と、
ミクシイで読んで探しに行ったら簡単に手に入ったんですよね。

ずいぶん前の話し。。。
朝霞台駅ナカ本屋さんにあるんですからそこまでないわけではないでしょうね。


グレイス=フィールドハウスっていう孤児院がありました。
そこには、
イザベラママと38人の子供が住んでいて、
だいたい6歳から12歳くらいの間に里親がみつかると孤児院を卒業できます。
よく寝て、
よく食べて、
よく勉強をします!
つか、
この勉強がちょっと高度じゃないか?
と、
思うレベルなのが違和感があるところ。

 

いつも満点を取る3名が11歳の、
抜群の運動神経と高い学習能力を持ったエマ(女の子で主人公)と、
博識で知恵者のレイ(男の子)と、
天才ノーマン(男の子)でした!

 

孤児院のタブーは外の世界に通じる門に行ってはいけないことと、
森にある柵を超えてはならないこと。
後は大体普通の孤児院のようですね。

 

ある日、
イザベラママからプレゼントされた、
リトルバーニー(うさぎのぬいぐるみ)を大事にしてるコニーが里親の元へ行くことになりました。
そんなコニーは、
大事にしてるリトルバーニーを孤児院に忘れてしまったんです。
コニーにリトルバーニーを届けようとエマとノーマンは、
里親の元へ向かうために門に行ったコニーを追いかけて行ったんですね。
そこでエマとノーマンが見たものは、
コニーの死体。。。
と、
それに群がる鬼!

 

失敗したのは、
届けに行ったリトルバーニーを、
コニー殺害現場に置いて来ちゃったこと!
知ったことは、
孤児院は農場だったこと!
人間を喰う鬼のための、
美味い人間を育てるための農場だったってこと!
鬼側の人間イザベラママを出し抜き、
孤児院にいるみんなと脱出する計画を立てるエマとノーマンでした。

 

調べると、
森の奥の柵を超えた奥には壁がありそこまで高くない。
ゆえに、
ロープがあれば脱出はできる!
ロープを用意する!

 

マルクと遊んでいたナイラが行方不明に。
それを、
イザベラママはあっさり見つけることができたことから、
自分らには発信機が埋め込められていることを悟るエマとノーマン。

脳は6歳から発達し12歳ころで100%成長を遂げる。
ゆえに12歳には出荷され、
勉強は脳を、
美味い脳を作るために行ってることと推測することができた。

 

イザベラママはリトルバーニーを忘れた馬鹿を探している。
もちろん、
エマにも振るいをかけてくるが上手く対応するエマです。
どうやら、
忘れ物をした子を探せないでいるイザベラママ
そんなママが取った行動は、
大人を1人増やしたこと。
シスタークローネ現る!
と、
エマとノーマンはレイを味方にし、
さらに色々と探りを入れていく。
大人2対子供3の図式のようだがクローネはイザベラの味方ってわけでもないみたいね。
クローネと一緒にやってきた、
新しい養殖人間のキャロルさん。
キャロルさんをきっかけに発信機の場所を特定する!
一歩進んだところで1巻は終了!

 

気になるところ!
鬼がコニーを出荷するとき車の中でコニーを加工してたのね。
新鮮な方がいいんじゃないのか?
と、
思ったことと、
胸に花(?)のようなものを突き刺されて死んでるコニー。
鬼がつぶやいたことは「儀程(グプナ)」は終わったって。。。
食べる下準備はなんらかの儀式めいたことをするってこと。。。
新鮮じゃなくてもいいのか。
でも、
この辺はあまり本編とは関係ないことかな。
気になっただけ。

 

ここは地球であることは確かみたいですね。
北半球で中緯度のところと推測され、
2010年までは人間の世界だったぽいけど、
2015年ころに鬼登場?
現在は2045年であること!
で、
発信機のことから発信機は人間の科学力でどうにかなってるものっぽくないこと。
つまりは鬼の技術!
つか、
鬼が通信してるところがでてきますが、
機械?
なんか魔術っぽくないか?
と、
花が気になりますねぇー。

 

イザベラも元家畜っぽいし、
クローネも元家畜っぽい。
家畜から家畜の世話係になるルートがあるみたいね。
脱出できたら世話係になれるだったり!
と、
思ったがそうでもないっぽいね。。。

と、
「摘める」って言葉が気になりますね。
と、
メガネちゃんの「ギルダ」が活躍しそうね2巻は!
ちょっとファンです笑