神楽ひかるの雑読ファイル

雑食な読書をつらつらと・・・。音楽もこちらにつらつらと・・・。

東野圭吾さんの「聖女の救済」の感想です?!

聖女かぐりん(@kagurahikaru)です!

過去の読書はこちらブクログへ!     

 

【動機】
敬愛する「エドワード・ゴーリー」が、
かなりの読書家なんですって。
アガサ・クリスティの本は全て少なくとも5回は読んでるって!
ミステリーって犯人がわかってしまえば何度も読む必要があるのか?
と、
僕も思うのですが、
ゴーリーは「私は違う」と言っておられる。
それが本当かどうか不明であるが・・・。
それに習って、
人にススメたことある本をもう1回読んでみる企画なう。

 

容疑者Xの献身を読んで、
そのまま「東野圭吾」さんのガリレオシリーズの長編を読み直すか!
と、
手に取ってたのが聖女の救済です!
見事に、
勘違いして内容を覚えてましたね。
読み直し必要です。。。

 

【人物】
帝都大学物理学助教授の「湯川学」に、
同窓生で刑事の「草薙俊平」に、
相棒の「内海薫」がメインですかね?

聖女は「真柴綾音」さんで、
聖女の弟子が「若山宏美」ですね。

 

【内容】
「真柴綾音」の旦那が、
「若山宏美」と不倫してます!
そんで急死!
疑われるのは不倫相手の「若山宏美」ですよね。
なにしろ、
犯行時刻に「真柴綾音」は遠く北海道に居たんで殺害不可能!
でも、
「内海薫」が「真柴綾音」犯人説を推す!
で、
結局のところ犯人は「真柴綾音」なんですよ。

 

【感想】
帝都大学物理学助教授の「湯川学」さんですよ。

book.kagura.click

キュリーよろしく、
どうやって事件に巻き込むか!
これが難しい。
キュリーだったら、
疫病神の「七瀬舞衣」のお陰で簡単なんですけどねぇ。。。
容疑者Xの時は、
容疑者が「湯川学」さんの同窓生だった天才同士の戦いだったんでそこは楽ちん。
でも、
今回はと思いきや同窓生であり刑事である「草薙俊平」が恋をしてるから!
と、
言うそれは興味沸くわってきっかけで参戦する「湯川学」さん!
しかし、
難敵ですよ「真柴綾音」わ!

 

「恐竜の骨に目がくらんで、土を捨てるのは危険」なんです!
これが刺さった言葉だ!
目に見えることが真実なんじゃないのですね、
目に見えないことに重要なことが隠されているのです的な!

 

つか、
これが書かれてる時ってドラマ?
映画?
福山雅治」さんが「湯川学」さんを演じてた?
「内海薫」が「福山雅治」さんの曲を聴いてるシーンあるんですよ。
なんだろ?
「MELODY」?
「HELLO」?
「桜坂」?

 

今回のトリックは、
男性には思いつかないだろうし、
やれるのは女性だな!
と、
思うけど考えた「東野圭吾」さんの頭の中ってどうなってるんでしょう?
と、
敗北してたと思ってました「湯川学」は。
勝ってたね、「草薙俊平」さんのお陰で。
しかし、
結婚生活は絞首台に立った夫を救済し続ける毎日って凄いを通り越して、
怖いね。

 

完璧って存在しないのかなぁ。。。
つか、
このトリック、
僕なら達成できそう。
機会があったら試してみるかな笑

 

 読んでくださいましてありがとうございました!

今日の運勢や日常を取り扱ってるのがだらだら日記です!

タロットカードやオラクルカードの解説などしていくのがタロット&オラクルです!

読んだ本やマンガに絵本などの感想やレビューを載っけてるのが雑読ファイルです!