神楽ひかるの雑読ファイル

雑食な読書をつらつらと・・・。音楽もこちらにつらつらと・・・。

殴り合えば分かり合えるらしい約束のネバーランド3巻とヒロアカの13巻の感想です!

殴り合ってどうする?と思うかぐりん(@kagurahikaru)です!

過去の読書はこちらブクログへ!       

book.kagura.click

グレイスフィールドハウスは孤児院だと思っていた。
そうではなく、
イザベラこと飼育監という名のママが管理するのは、
鬼の餌の中でも、
高級食材とされる子供たちを育てる施設がグレイスフィールドハウスだった!
食幼児の中でも超最高級に値する、
「エマ」と「ノーマン」と「レイ」がグレイスフィールドハウスは孤児院ではなく、
養殖場だと気がついて脱走を試みる話し。

 2巻では、
「エマ」と「ノーマン」と「レイ」だけではなく、
「ドン」と「ギルダ」も仲間に引き入れた感じ。
そんな、
「ドン」と「ギルダ」が3巻ののっけから巻き起こす!


ママからすった鍵で秘密の部屋に潜入!
通信機とか、
今まで貰っていかれたと思っていた子供たちの遺品などを発見する。
そして、
「エマ」と「ノーマン」と「レイ」に真相を聞きに行き、
真実を知ってケンカから和解、
そして、
本当の仲間になる5人。
つか、
いつの時代も殴り合うと分かり合えるのか?
幻想じゃないか?
と、
思うのは僕だけか?
殴り合いで分かり合えたらDVなんてこの世からなくなるわ!

 

一方、
2巻の終わりでかすかに希望となった情報のウィリアム・ミネルヴァさんですが、
よくわからないってことで置いとかれる。
脱走をしてからキーになるのかな?

 

さて、
イザベラママをどうにかしたい、
シスター・クローネは「エマ」と「ノーマン」に共闘を持ち掛ける。
いいように、
「エマ」と「ノーマン」は弄ばれてどうしよう。
と、
思っていたらクローネはあっけなく処刑される。。。
が、
何かを子供たちに残してるみたいですなぁ。。。
何を残したんでしょう?
と、
動き出したイザベラは「レイ」も切る!
つか、
本気を出してきたイザベラは簡単に「エマ」の足を折る!
で、
びっくりなのは明日です!
明日「ノーマン」が出荷されることに!

 

4巻に続く!
次巻予告を読むともうフィナーレ?
第1章のフィナーレですよね?
7月を待て!

book.kagura.click

ヒーローアカデミアの12巻な!
こっちでも、
殴り合えば分かり合えると思ってる、
爆豪くんと緑谷君がいますな!
そこんところは、
14巻につづくなんですけどね。
と、
仮免の結果が出たんですよ。
つか、
内容的にも仕方がないというか、
所詮は少年誌かという突っ込みを胸に吐き出す言葉は、
簡単すぎないか?
まぁ、
仕方がないんでしょうねと飲み込む。
トガさんの使い方とかを見るに、
この作者さん、
悪人の描き方が好きかも。
ぜひぜひ、
青年誌へ行ってもっとダークなのをお願いしたいかもですね。
と、
オールマイトさん死亡フラグたってますよね?
いつ死ぬんでしょう?
やっぱり、
デク君あたりが守り切っちゃうのかな?

 

読んでくださいましてありがとうございました!

今日の運勢や日常を取り扱ってるのがだらだら日記です!

タロットカードやオラクルカードの解説などしていくのがタロット&オラクルです!

読んだ本やマンガに絵本などの感想やレビューを載っけてるのが雑読ファイルです!