かぐりんの読書のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」の読書感想文を書くブログ。

様々な生き方の見本市である4編の短編集ジヴェルニーの食卓の感想です?!

かぐりん(@kagurahikaru)はもっと画家を知りたくなった!

 

マティスドガタンギーxモネ+ピカソセザンヌジャクソン・ポロックゴーリー
と、
いった感じでしょうか?

 

・うつくしい墓
マティスピカソな話し?
と、
ジャクソン・ポロック


マティスの下で働いてたメイドさんのお話し。
つか、
かぐりん「マティス」といわれて思い出す絵がないです。。。
おっ?!
ピカソも、
ドガも、
モネも、
セザンヌ微妙かな?
思い出せるんですがマティスって思い浮かばない。
これ、
きっかけでとりあえずぐぐるかな?
と。


きれい好きとも、
潔癖とも違うね、
それは「美」なんでしょうか?
マティスの部屋に置かれてる全てのものには意味がある!
かぐりんの部屋に置かれている本はそろそろ処分を考えたほうがいい。
そう、
エビアンのビンやら、
本やら、
花やらなんにでも意味があってそこに置かれているんだって!
凄い!
部屋にあるものの配置が決まってるなんて!
強いて言うなら、
パソコンとカードとよつばの場所は決まってる!
と、
布団か。
それ以外はカオスだぜかぐりんの部屋!
マティスのようにしようと今掃除から始めている!


そうね、
中二的に言うなれば、
ピカソは闇で、
マティスは光みたいですね!
対極にあるような表現をする2人ですが親友でもあるんだって!
魅かれあう何かがあるんでしょうなそこには。


マティスの下で働いてたメイドさんなんですが、
最後に今の自分の職業が何かを語ってくれてるんですが、
そっち?
そっちにいっちゃった?
それだけの影響力のあるマティスの作品、観てみたくなりましたよー。

 ・エトワール
ドガですよ!
知ってる!
最近でもエドワード・ゴーリーが好きで、
ゴーリーもバレエ好きなんですよね。
しっかし、
その時代でも厳しいんじゃないか?
14歳のバレエダンサーを裸でポーズ取らせるなんて!
今だったら完全にアウトですよね?
できるの?
芸術のためなら14歳の少女のヌードってありなの?
無理よね!


ちなみに、
当時のバレエダンサーさんは、
スポンサーを見つけてパパになってもらってたんですって!
今で言う、
キャバクラ嬢みたいなポジションですかね?
違うか?
ニュアンスはそんな感じですよね?
家計のためにバレエ!
その時代を感じさせるね。


タンギー爺さん
タンギー爺さんって独身かと思っていたら、
嫁に娘もいたんですか?
それなのに、
売れない画家に食事おごって、
絵の具をツケで渡してたんですか!?
そりゃ、
嫁も娘も困るわ。
よく、
離婚しなかったな!
で、
セザンヌもツケだったんですか!

 

・ジヴェルニーの食卓
モネ。
凄いね。

よく絵を買ってくれてた人がいたんです。
それこそ、
モネは家族ぐるみで付き合ってたんですが、破産!
で、
その一家ごとモネが面倒をみることに?!
凄いのはモネも嫁がいたんです。
嫁がなくなって、
向こうの一家の主も亡くなってから結婚。
しかも、
モネの息子と、
その一家の娘のブランシュが結婚?!
で、
再婚したモネですがまた嫁を失くす。
ブランシュも夫を亡くしてまたモネと暮らすの。
モネとブランシュの在り方ってソウルメイトよね!


しっかし、
画家が白内障って死亡宣告に近いよね。
手術で治ったんですけど、
テンション下がるわ。
しかし、
占い師も失明なんてしたらあがったりだな。
霊感とかで占わないかぐりんはなおさらだ!

 

良かったら読者になってください! 

 読んでくださいましてありがとうございます!