かぐりんの読書のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」の読書感想文を書くブログ。

まるでそら豆か東野圭吾さんの沈黙のパレードの感想です!

かぐりん(@kagurahikaru)はラングドン教授もいいと思うけどやっぱり湯川教授!

 

もちろん、
ネタバレあるんで気をつけて!
で、
ガリレオきたぁー!
そうそう、
アメリカにいちゃったんですが戻ってきたんですねー。
で、
親友の「草薙」さんの新人時代の未解決事件がきっかけ。
じっくり読んで、
違和感を埋めていくように読んでいけば真犯人はおのずとわかるのですが、
よく騙される。

 探偵役の湯川学をどう事件に関わらせるかがいつもひねり必要なんですが、
今回はあっさり参戦した雰囲気ありますね。
「湯川学」のキャラが弱くなってる印象強い。


ガリレオが戦うのはいつも難敵!
今回は複数人の人間が相手のようです!
もう、
1対1ではガリレオに勝てるやつはいないか?
つか、
真夏の方程式も複数かもしれないが、
今回ほど結託して複数の人間が犯人として関わったのは初めてですよね。
しかし、
複数人いるとぼろがでる!
絶対にぼろがでる!
その「ぼろ」をつかんでやればいい!
そう、
容疑者Xの献身もあの女性が居なければ完全犯罪だった!
つか、
その女性が居ないと事件が起きないんですけどね。。。


23年前の未解決事件。
状況証拠は揃ってるけど決定的な証拠がない!
犯人の武器は「黙秘」
その強力な武器で無罪を勝ち取り犯人は自由になる!
で、
新たな殺人を犯した?
それが、
菊野で起きた事件だ!


看板娘が殺された!
みんなに愛され芸能界に打って出ると言う矢先に殺される。
犯人はまたも「黙秘」で有罪判決がくだされると思っていたが証拠不十分で釈放されてしまう。
で、
みんなに愛された娘さんを想って立ち上がったみなさんが、
計画を立てて完全犯罪で復讐を果たそうと頑張る!


大どんでん返しが起きてまさかの真犯人にびっくりするよ!
まじめに犯人当てれた人いるのか?


結局1番得をしたのは犯人?
そんな気すらもするがそれは違うでしょうね。
しかし、
「生き方」「死に方」かなって思うね。
犯人も、
真犯人も、
被害者の家族も、
協力者も、
「生き方」「死に方」かなって思うね。
そこがしっかりしてるとぶれない人生が送れる。
ガリレオ先生はそこがしっかりしてる!
幸せな生き方をしてる人の大多数がそうなんじゃないかなって思うがどうでしょうか?
つまりは、
犯人となってる「蓮沼」とか、
協力者の1人の「戸島」あたりがぶれてない生き方をしてる人のような気がする。
なにしろ、
殺された「並木佐織」がぶれてたのが1番の問題かもしれない!
あっ、
ぶれてはいないか!

 

精神的に弱い人の方が折れないね。
精神的に強そうな人の方が折れるね。
ヒソカもですが、
嘘のつき方ですよ。
そして、
計画力よりも、
立てた計画にほころびができた時に、
すばやく完璧に修正できる「修正力」が高いほうが良い!
まさに、
占い師の生き方って幸せへの近道よねと改めて実感するわ。


1つだけ。
今回の湯川さんよろしく、
好奇心がポジティブに作用するならいいのですが、
ネガティブに作用することも多々ある。
ここは自己責任!

 

良かったら読者になってください! 

 読んでくださいましてありがとうございます!