かぐりんの読書のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」の読書感想文を書くブログ。

猫猫里樹翠玲誰でもいいじゃんの薬屋のひとりごとの5巻の感想です?!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←1日1回クリックしないとお仕置きよ!

かぐりん(@kagurahikaru)は楼蘭復活しないかなぁ。。。

 

最初の挿絵というかカラーページの猫猫かわいいと思うのですが、
間違いですか? 

薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)
 

 蝗だって!
美味しいかと聞かれればそうでもない。
ムシモアゼルギリコさんならなんて答えるだろう。
で、
蝗と飛蝗は違うらしい。
蝗はいなごで、
飛蝗はバッタらしい。
バッタは不味いみたいですが蝗もね。。。
でも、
米とサーカスで食べて蝗の佃煮は普通に美味しかったけどね。
で、
蝗を緑青館のオーナーがもってきた!
いろいろ手がけてるしごとのあれこれだって。
で、
蝗害ね。。。
凄いらしいよね。

李白に頼んで、
楼蘭の砦にあった本を売った人物を探してもらってたのですが、
猫猫に逃げろ!
と、
助言したあの兵士さんでした。
で、
緑青館から手伝いというかボディガードが派遣されてます!
その名も右叫さん。。。
右京だったらお好み焼きですね!
好きだったなぁ。。。
で、
猫猫、
趙宇、
右叫、
元兵士で会議。
あそこで不老不死の薬を作っていた医官が蝗害を防ぐ方法を考えていたらしい。


壬氏様にあれこれ報告。
で、
ふと見ると寝てないのがばればれなコンディションなんで、
睡眠をススメる猫猫。
緑青館の最上階で誰でも選べって贅沢ですなぁ。。。
でも、
選んだのは猫猫の子守唄!
わからんでもない!


1巻では後宮
2巻では壬氏様がいるところと花街
3巻ではちょっと深みの場所
4巻では外の方
5巻ではさらに深みのある風景。
花街の裏の話しはちらほら。
猫猫も甘くないので、
幼い子供生きたいなら緑青館に!
って、
婆に紹介。
下手にぼろぼろに生きるより風俗嬢として生きる方がいいのでしょう。
うーんですけどね。。。
口が利けない子とその姉妹と知り合う。


翠玲が阿多様のところにいるんだ!
と、
元兵士が左膳と名を変えて薬師になるし、
猫猫のあーん攻撃の怖さよ。。。
と、
猫猫の好みの男を趙宇が描くとヤブになる。。。
ヤブVS壬氏様?!
って、
壬氏様の圧勝なんですけどね。。。

 

白蛇仙女がはやってる!
いわゆる、
手品、マジックなんですけど見せ方とかよね。。。
まぁ、
手品も浸透してないところでなら魔術妖術でしかないしね。
この白娘々はあと引きます!


ちょっと遠出。
壬氏
猫猫
馬閃
ヤブとヤブの故郷へ!
村で起きてる事件に猫猫たちが関わることに。
つか、
猫猫そこまで酒に強かったのか?!
と、
現生の強さな!
ちなみに、
旅してるときの猫猫はそばかすとってるんでしょう?
じゃ、かわいいやんか!
銀300じゃ足りないな!
で、
結果としてはロミオとジュリエットかな?


ヤブは置いといてさらに西へ進む一行。
盗賊。。。
で、
狙われてるのが阿多様と里樹様も!?
何が起きるのだ西で?
それは、
里樹様の暗殺!
ライオンに食わそうとしたんだぜ!
仕留めた馬閃も凄いがな!
で、
壬氏様の嫁探し?
猫猫じゃダメなの?
はっきりすればいいだけじゃない壬氏様!


んー。
阿多様の息子なぁ。。。
なぁー。
猫猫でいいじゃん!

 

良かったら読者になってください!   

 読んでくださいましてありがとうございます!